体がむずむずして眠れないときの対処法まとめ

体がむずむずして眠れない人が、最近増えているそうです。このサイトでは、体がむずむずして眠れない夜の対処法をご紹介します

むずむずの対処法

子供の頃からむずむず脚症候群!改善すべきと感じたのは…

投稿日:

実は私、昔からむずむず脚症候群でした。
記憶を遡って見ると、4歳から5歳くらいの頃のこと、脚がなんか変で眠れないと母によく訴えかけていたんですよね、泣きながら。

足の裏が火照ったような虫が這いずりまわっているかのような…とにかく変な感じがするんですよね。
毎日ではありませんが、ちょくちょく同じことがあって、夜になるのが憂鬱でした。

 

寝る前になると症状を感じるんです。

「これだ!」と思った時の衝撃、今でも覚えています

大人になり、インターネットを使うようになり、「これだ!」と思った時の衝撃、今でも覚えています。
胸のつかえが取れたような…自分だけじゃなかったんだ、と心が軽くなりました。

家族の中で自分だけだったので。
同じような人がたくさんいてホッとしたんです。

 

ただ、治療方法が確立されていない、ということだったので、少しガッカリもしました。
大人になってもむずむず脚に悩まされていましたから。子どもの頃から、なのでもう慣れっこになってはいましたが、治るといいと思っていたので落ち込んでしまったのです。

今の時点では、むずむず脚症候群の原因は…

とはいえ、むずむず脚症候群の原因は、今の時点ではドーパミンの機能障害だったり、鉄分不足である、と考えられているようです。
鉄分が足りないとドーパミンが正常に作られなくなるんだとか。

そのことから考えて改善すべきは貧血だなと感じました。
というのも実は私、子どもの頃から緑茶が大好きで、1日に何杯も緑茶を飲んでいたんですよね。

 

緑茶って身体にいいものではあるけれど、摂り過ぎてしまうと貧血になりやすいんです。
健康診断の度に、ちょくちょく貧血を指摘されていたので…とりあえずそこを改善しよう、と、鉄分のサプリメントを飲み始めました。

飲む時も少しだけ気をつけて、サプリメントを飲む前後はできるだけ緑茶やコーヒーを飲まないように気をつけて、飲むようにしました。

これからも自分にできること、続けようと思います!

結果、むずむず脚の症状が出る日が減ったような気がします。
もしかしたらプラシーボ効果的なものもあるのかもしれませんが、少しでもよくなったなら結果オーライなんです。

貧血も改善されれば、それはそれで健康にいいですから。
それからは鉄分のサプリを積極的に摂るようにしています。

 

また、子どもの頃は苦手だったプルーンが大人になってからは食べられるようになったので、たまにはおやつとしてプルーンを食べるようにしています。
妊娠中から特に心がけているんですが、産後しばらく経った今でもジャンクなおやつを食べていた頃と比べてなんだかいい感じです。

眠い時に脚がむずむずするのは何気に辛いですからね。
夜中に目が覚めて眠れなくなることも多かったので。

 

鉄分不足を少しでも和らげて対策をしていけたらな、と思います。
これからも自分にできること、続けようと思います。

-むずむずの対処法

執筆者:

関連記事

人生で一番太っていた時期から気になる様になりました…

私は42歳の男性で、むずむず脚が気になる様になったのは、30代半ばぐらいからだと記憶しています。 切っ掛けや原因は不明ですが、多分その時はあまり運動をしていなく体重も現在より10〜15キロほど重くて、 …

ズボンの裾をたくし上げて脚を掻きたくなるほど悩まされましたが…

私は40歳女性です。 私が脚のむずむずに悩まされ始めたのは今から10年程前、30歳になったころでした。 寝ているときや、お風呂上り、歩いているときなどに、なぜか脚がむずむずするようになったのです。 一 …

体がストレス訴えることもあるのかと、とても驚きました!

26歳女性です。 今(2017/10現在)まさに治療中です。 先月ころから、布団に入ると足がかゆくて眠れない症状に悩まされ始めました。 最初は、布団にノミでもいるのかと思い、シーツを洗って、布団を干し …

仕方がなく朝の軽運動をやめたら、体・特に下半身に妙な異常が!

37歳の兼業主婦(女性)です。 私は30歳で出産をしてからというもの、急激に体調不良に陥ることが多く、お医者様にすすめられて、軽いウォーキングなどの運動を日常的に行うように心掛けてきました。 これはス …

「むずむず脚」私の1番痒くなる時期と楽な時期

むずむず脚になったのは、高校生の時に初めてなりました。 少し足の指の周辺が痒いなぁ~と思い出してきて手でかいているとドンドン皮膚の皮がめくれてきて更に痒くなってきてかきすぎて血が出るまでかくぐらいでし …