体がむずむずして眠れないときの対処法まとめ

体がむずむずして眠れない人が、最近増えているそうです。このサイトでは、体がむずむずして眠れない夜の対処法をご紹介します

むずむずの対処法

妊娠後期にムズムズ脚になった私の体験談

投稿日:

妊娠後期によくムズムズ脚になりました。
その症状は決まって夜眠る時に起こりました。

布団に転がり、しばらくすると太ももの付け根あたりから足のつま先にかけてムズムズしてきます。
その感覚の気持ち悪さと言ったらありません。

 

電流が走っているような、虫が這っているような、思わず足をバタつかせてしまうくらい気持ち悪いです。
しかも一度始まるとなかなか治ってくれないのも特徴です。

酷い時だとほとんど眠れないくらいムズムズしています。

心配になって婦人科の先生に話しました

妊娠中だという事もあり、心配になって婦人科の先生にこのことを話しました。
すると先生はケロッとした口調で、「ムズムズ脚症候群ですね。」と言われました。

そのまんまの病名に呆気にとられていると、妊娠中にはよく起こるということを言われました。
ムズムズ脚症候群は、鉄分が不足していたり遺伝的なものもあったり、ドーパミンがうまく分泌できていない時など様々なきっかけで起こるそうです。

 

しかしまだムズムズ脚症候群とは何なのか全解明されてていないのが現実だそうです。

鉄分不足が要因の一つという事で

しかし、比較的妊娠中によく起こることから鉄分不足が要因の一つとなっていることは確かだということでした。
妊娠中は栄養素が胎児に吸収されてしまうので、そのため母体が栄養不足になってしまうのです。

私はもともと貧血気味であったことから、きっと原因は鉄分不足に間違いないと思いました。先生から鉄を補う薬を処方してもらい、それを飲むとムズムズ脚症候群はすっかり良くなりました。
薬を飲んでいても日によってはムズムズ脚になることもありました。そんな時は深く考えず、血流が悪いのだろうと思うようにしました。

 

とにかくムズムズの感覚があまりに気持ち悪かったため、ムズムズ脚になると足をマッサージするようにしました。
ときには部屋の中を歩き回ったりして、ムズムズ脚に集中しないように努めました。

ムズムズ脚症候群がなかなか改善されない時は

出産を機にムズムズ脚になることはなくなったので、やはり妊娠中の体の変化が原因だったのだろうと思います。
しかし一方で、ムズムズ脚症候群がなかなか改善されない時は、別の病気が隠れている場合もあるようです。

しばらく様子を見て改善されないようであれば、病院を受診し検査してもらうことが必要です。
私はこのムズムズ脚症候群になって、もう二度とゴメンだと思い、常日頃から体を動かすようにしています。

 

それくらい私にとってムズムズ脚は耐えがたい感覚でした。
普段から健康的な生活をしていればムズムズ脚とは無縁です。

-むずむずの対処法

執筆者:

関連記事

幼い頃から夏場の習慣として悩まされていました…

私は27歳の専業主婦です。 現在妊娠中で、いろんな対策をした結果、以前よりもむずむず脚に悩まされることは少なくなりましたが、幼い頃から夏場の習慣としてはありました。 私は幼い頃から夏場になると異常に脚 …

なんとも言いようのない不快感でした…

48歳の女性です。 むずむず脚に悩まされていたのは今から3年前の45歳ぐらいの時でした。 現在は、ほとんどむずむず脚になることはありません。 初めてむずむず脚になったときの感覚はとても言葉で一言では表 …

私でも簡単に出来そうな解決方法から始めてみました!

45歳、女性です。 もともと寝つきが悪く、眠りも浅くて、不眠症気味の体質でした。 2~3年前からでしょうか、夜ウトウトとし、「あ、眠れそうだな」と感じる頃に限って、両脚がむずむずと感じるようになって、 …

仕方がなく朝の軽運動をやめたら、体・特に下半身に妙な異常が!

37歳の兼業主婦(女性)です。 私は30歳で出産をしてからというもの、急激に体調不良に陥ることが多く、お医者様にすすめられて、軽いウォーキングなどの運動を日常的に行うように心掛けてきました。 これはス …

3年くらい前に「むずむず脚」のことを知り、今まで一番つらかった体験は…

私は33歳のワーキングママです。 自分がむずむず脚だと分かったのは3年くらい前なのですが、症状は今思うと学生の頃からずっとあったような気がします。 夜寝るときに脚がイライラする感覚で眠れなくなったり、 …